スキャントロリボン T112D 高評価! 高品質新品

スキャントロリボン T112D

スキャントロリボン T112D 高品質新品 /fleury510641.html,iwateyukimatsuri.com,T112D,厨房機器・キッチン 店舗用品 , 店舗什器・備品 , 店舗運営用品,スキャントロリボン,5450円 /fleury510641.html,iwateyukimatsuri.com,T112D,厨房機器・キッチン 店舗用品 , 店舗什器・備品 , 店舗運営用品,スキャントロリボン,5450円 5450円 スキャントロリボン T112D 厨房機器・キッチン 店舗用品 店舗什器・備品 店舗運営用品 スキャントロリボン T112D 高品質新品 5450円 スキャントロリボン T112D 厨房機器・キッチン 店舗用品 店舗什器・備品 店舗運営用品

5450円

スキャントロリボン T112D

コート紙からフィルム系まで、幅広く受容紙への印字が出来るサトーで代表的なセミレジン系リボンです。
主にスキャントロ系で使用されています。
特に、平滑性の低い紙で印字適性が優れています。

スキャントロリボン T112D

公式企画

関連サイト

このページは通常15分ごとの更新です。
そのため、最新の情報と異なる場合があります。 トップページについて

小説PickUp!

異世界では幼児が最強のようです~元社畜による正しい生体兵器の…
黒辺あゆみ 全163部分 ハイファンタジーファンタジー
親の顔を知らずに育ったアキヒサは、ブラックな会社に勤めるごく一般的な男だ。 それがある時気付くと、どでかいコンピューターの前にいて、ここは異世界で、自分は死んで転送機に魂が巻き込まれたのだと言われる。 そしてもうじきこの場にいれなくなるらしく、取り合えず必要最低限のスキルを貰ってポイっと放り出された。 何故か、見知らぬ三歳児と一緒に。 しかもこの三歳児は育て方に気を付けないと将来という厨二病的戦闘狂というヤバいことになるらしいし、ヤバいヤツには襲われるし、異世界の初っ端からヤバいの連続だ。 けどこの幼児♂、激烈に無口無表情だけど、ずっと一緒にいると可愛く見えなくもない。 よぅし、こうなったらこの僕が健全な子どもに成長するように育児しようじゃないか! けど、お願いだから僕にもちょっとは成長させてくれな? このままだと三歳児に寄生プレイしているみたいじゃないか? これは異世界に転生したら激強三歳児を押し付けられた主人公が、育児に励みながらもその三歳児に寄生プレイしてしまう現状を嘆きつつ、世界をめぐる物語……かも? ※ハーレム・恋愛・イチャラブ要素の全くない、ヒロイン不在な物語です。 ※これは「元社畜は異世界で生体兵器を育てるらしい。」の書き直し版です。
燦然のソウルスピナ
奥沢 一歩(ユニット… 全664部分 ハイファンタジーファンタジー
■現在ヒーロー文庫より、4巻まで発売中です。  聖遺物奪還の任を負った若き聖騎士:アシュレは、滅亡し荒廃したイグナーシュ王国で、永劫の夜に囚われた夜魔の姫:シオン、忘れられた古代の土蜘蛛王:イズマと出会う。  その出会いが起こした火花は、炎となり歴史を動かす。  待ち受ける強大な敵──オーバーロード、蠢く巨大な陰謀に、英雄たちは己の意志と、その顕現である《スピンドル》を頼りとして抗う。  そして、幾重にも絡み合う恋の行方は、どこへ決着するのか。  聖剣:〈ローズ・アブソリュート〉の輝きが険しい道程を照らし出すとき、燦然のソウルスピナ:《魂紡ぐもの》──その謎は解けるのか。  これはファンタジーであり、同時に《魂》の秘蹟に迫る物語。 ■書籍版の著者名、イラストレータ名が「蕗字 歩(ろじ あゆむ)」となっておりますが、こちらは、小説を担当する「奥沢 一歩」とイラストを担当する「蕗ノ下 まほそ」のユニット名となります。  ※奥沢 一歩と蕗ノ下 まほその個人運営ブログである 自走式空想会社・クルーシブル において「燦然のソウルスピナ:プロトタイプ版」が掲載されていますが、なろう掲載分が「最新版」です(http://crucrucible.blog.shinobi.jp/先行版と「小説家になろう版」では一部表現が変更されている箇所が存在します)。  なお、本編中のイラストは、共同製作者である「蕗ノ下 まほそ」の手によるものものであり、完全な使用許諾を得て掲載しております。
お飾り聖女は要らないと、婚約破棄の上国外追放を命じられました…
友坂 悠 短編 異世界恋愛
「破棄だ破棄、お前との婚約など破棄だ!」 聖女宮に乗り込んできた王太子グリフィード殿下にそう告《つげ》られたわたくしセルフィーナ・ファウンバーレン。 公職である聖女は国の聖域を護る巫女であり、上級貴族の息女が結婚までの期間務めあげる聖なる職務でありました。 わたくしの実家ファウンバーレン公爵家は代々そうした聖女を排出してきた家系。 魔力的にこの国、そして王家を支えてきた名家です。 幼い頃より家同士の繋がりで決められたグリフィード王子との婚約は、そこには恋愛感情こそなかったものの、幼馴染としての情は感じておりましたし殿下もそうであると思っておりましたのに。 はい? お飾り聖女は要らない、ですって? わたくしがこうして公務を司っている最中にあなたが通っている学園で真実の愛をみつけた、のですか? 彼女は真の聖女だからこの国は安泰だ。彼女を害そうとしたわたくしの罪は許せない、って、なんの事ですの? わたくしそのリーザさんとやらは存じあげませんけれど。 社交パーティの場でのイジメ、ですって? そもそもわたくし、ここ数年はこちら聖女宮に篭っておりました。 自分の誕生パーティ以外にはそういう場に出てもおりませんのに。 はあ。婚約破棄の上国外追放ですか。 わたくしが口下手であなたの前では口答えができないからといってその言いがかりは流石に我慢ができません。 もういいです。 うんざりです。 わたくし、本物の聖女なのですがよろしいのでしょうか? この国がどうなってももう知りませんから。
食の革命児
亜掛千夜 全289部分 ハイファンタジーファンタジー
とあるところに、突然異世界に落ちてしまった恋人同士の二人がいた。 二人はその異世界を手に手を取って突き進み、遂に帰還を果たすことに成功した──。 そして、この物語はその後のお話。 帰還を果たすまでの過程で、自由に異世界と地球を行き来できるようになっていた。 そして二人は知ってしまった。その異世界の魔物の美味しさを。 そして二人は手に入れてしまった。美味しい魔物を手に入れる力を。 ならば悩む必要なんてない! 美味しい魔物を求めていざゆかん! 数が少ないなら増やして食おう! 絶滅しているのなら甦らせよう! 沢山あるなら商人に売ってもらおう! 美味しいもので異世界を満たす! そんなことをやっている内に、いつの間にかそれを取り仕切っていた少年は、その世界においてこう呼ばれるようになる。 ──食の革命児、と。 ※この物語は前作『レベルイーター』の最終話後の物語となっています。  ですが、そちらを読まなくても楽しめるよう構成していくつもりです。
終天の異世界と拳撃の騎士
ふるろうた 全530部分 ハイファンタジーファンタジー
■次章準備中■長年打ち込んできた空手に挫折しかけ、無気力な日々を過ごす高校生の少年・有海流護。ある初夏の晩、あれこれ思い悩む流護は、疎遠気味になっていた幼なじみの少女を夏祭りに誘おうと思い立つ。そうして携帯電話のメールを送り終えた彼が顔を上げると、周囲の景色が見覚えのない草原へと変化していた――。迷い込んだそこは、剣と魔法と魔物に彩られたファンタジー世界。様々な人との出会い、様々な敵との戦い。剣と魔法の飛び交う過酷な異世界を、流護は己が拳で切り抜けてゆく。その世界へ招かれた理由を、知らないままに。――拳に全てを懸ける現代日本の少年と、誇り高き異世界の少女騎士。きっと許されない出会いを果たしてしまった二人の、物語。
週に一度クラスメイトを買う話
羽田宇佐 全231部分 現実世界恋愛
宮城は週に一度、クラスメイトの仙台に五千円を払う。 五千円は仙台の三時間を買うためのもので、宮城は彼女に命令をする権利を得る。 スクールカースト下位の宮城と上位の仙台。学校で交わることのない二人は、そういう契約で放課後を一緒に過ごしていた。 宮城がする命令はその日の気分で決まり、仙台は逆らうことができない。 ある日の放課後。 宮城は仙台を自分の部屋に呼び出し、いつもはしない命令をする。 ※カクヨム同時掲載
僕はこの世界で自由な冒険がしたいので女神様...あなたの恩恵…
アオ&アオ 全474部分 ハイファンタジーファンタジー
「おめでとうございます!あなた方は私達、女神に選ばれました!」 いきなり僕達にそう告げてくる女神メイーナ。 メイーナ様の言う話では、僕達はアーチと呼ばれる世界を救う為に選ばれた英雄という事 らしく、その恩恵として『ギフト』と呼ばれる力...所謂、チートの力を貰えるらしい。 その事を聞いたクラスメイト達は歓喜していたが、僕はそれをニガ笑いを浮かべて 見ていた...。 だって、それは自由と引き換えに得られる力で、英雄なんかに選ばれたら きっと苦労はしないだろうが、自由な時間はなくなるだろうと...。 だから、僕...蒼井瞬(あおいしゅん)は女神様にこう言うのだ... 「すいません女神様、僕はギフトなんて要りません...!」 ...と。 だが、この選択が僕の意と反する展開になっていこうとは、この時の僕には まだ知る由もなかった。
シーフな魔術師
極楽とんぼ 全692部分 ハイファンタジーファンタジー
盗賊《シーフ》ギルドで働いていた俺。 仕事で捕まり、投獄かと思ったら魔術師になることに?! そんな『俺』の日記。 学生生活から始まり、ついに社会人生活(笑)がスタート。 単位やちょっとした人名情報はこちらにあります。 https://ncode.syosetu.com/n6337p/ ちなみに暫くエタった後に復帰する前準備として読み直ししながら推敲するのにカクヨムを使ったので、580話まではそちら(https://kakuyomu.jp/works/16816452221115132416 『シーフな魔術師〜学生時代は気楽に楽しく過ごそう』)の方が微妙に分量が多かったり誤字が少なかったりします。
カルネアの栄光
酒精四十度 全116部分 パニックSF
中央ロドリア海西方に位置する島国、ロドーニア王国。永らく平和であったこの島国にも、日本が転移してきた事によって齎した異変が、水面に広がる波紋のようにゆっくりと近寄ってきた。折しも、ラヴェンシア大陸西方のヴァルネク連合による覇権戦争もまたロドーニアに大きな影響を与えつつあった。 (ガルディシア帝国と同時進行で起きていた、西側の世界の物語)
空手家は勇者より最強だ! ~勇者たちから無能と罵られて追放さ…
岡崎 剛柔 全103部分 ハイファンタジーファンタジー
「ケンシン、てめえは今日限りでクビだ! このパーティーから出て行け!」  ある日、サポーターのケンシンは勇者のキースにそう言われて勇者パーティーをクビになってしまう。  そんなケンシンをクビにした理由は魔力が0の魔抜けだったことと、パーティーに何の恩恵も与えない意味不明なスキル持ちだったこと。  そしてケンシンが戦闘をしない空手家で無能だったからという理由だった。  ケンシンは理不尽だと思いながらも、勇者パーティーになってから人格が変わってしまったメンバーのことを哀れに思い、余計な言い訳をせずに大人しく追放された。  しかし、勇者であるキースたちは知らなかった。  自分たちがSランクの冒険者となり、国王から勇者パーティーとして認定された裏には、人知れずメンバーたちのために尽力していたケンシンの努力があったことに。  それだけではなく、実は縁の下の力持ち的存在だったケンシンを強引に追放したことで、キースたち勇者パーティーはこれまで味わったことのない屈辱と挫折、そして没落を経験していくこととなる。  一方のケンシンは勇者パーティーから追放されたことで自由の身になり、国の歴史を変えるほどの戦いで真の実力を発揮することにより英雄として成り上がっていく。  その途中においてケンシンは自分しか使えない継承スキル【神の武道場】を使い、王女(おうじょ)、漢女(おとめ)、聖女(せいじょ)を自分の弟子として鍛え上げることで、一人の空手家としても大きく成長することとなる。  これは後世において【大拳聖(だいけんせい)】と呼ばれた空手家と、その空手家を最後まで支えた【三拳姫(さんけんき)】と呼ばれた三人の女性の若き日の物語――。 【親愛なる読者様へのお知らせ】 ※勇者サイドの話は基本的に【ざまぁ】の前ふりか【ざまぁ】シーンになっています。 ※この作品はカクヨム様にも掲載しています
もっと見る

みんなのイチオシレビュー!

みんな大好きフライドポテト。 食べ始めたら手が止まらないフライドポテト。 どなたも一度は食べたことがある、ポテトに注目したこちらの作品。 あらすじにも書いてあるように、夜中に見てはなりません。 ふんふんと読み進めていくうちに、作者様の巧みな表現に覚悟を決めたわけでもないのに、つばをゴクリと飲んでしまうことになります。 浮かぶのですよ、そのポテトの姿が。 いやポテトを超えた、ほっくほくのポティトが。 熱々の湯気を出しながら読者を誘ってくるのです! 読み終えたあと、みなさんは「食べたい」という誘惑と戦うことになります。 買ってもよし、お家で揚げてもよし! さぁ、遠慮せずに共に参りましょう。 いざゆかん、ポティトへの道。 えぇ。 私ももちろんいただきますよ〜!
レビュー投稿 とは
気取ったような文体。いつものこの作者様のものとは違っていて、それはまるで恋に歪められた水晶玉のようで。 橋の下に住む老婆。彼女の美しさは目に見えぬ愛にも似ていた。つまり主人公は美しいと思ったけど他人が見たらどう思うかわからない。 老婆は対価に応じた甘美な嘘を吐いてくれるという。 主人公は9万9千円を握りしめて老婆に愛に行き、恋に落ち、エロい嘘話を聞く。 山に突き刺さってるあの鉄塔の袂では、かつてエロの饗宴が行われていたのだという。 男なのか女なのかあえてわからない主人公は徒歩で来たのに軽自動車に乗ってそこを目指す。ランボルギーニのアクセルを踏み込む。老婆に受け入れてもらえなかった恋心を胸に秘めて。 っていうかこの物語じたいが老婆の嘘じゃないかと思えて来るほどハチャメチャw 意味不明だけど面白いもの、荒唐無稽だけど立派なもの楽しみを、どうぞ。私には村上春樹よりも楽しめました。
レビュー投稿 しいな ここみ
レビュー作品 嘘売りの老婆
拝読しました。 アクションシーンもですが、全体的に情報量が多い感じがしました。飽くまで僕の感想なのですが、情報の供給過多となって頭がパンクするかもしれないです。 ですが、情報量が多いということは、そこまで詳細に物語をイメージできていることだと思うので、内容を精査して、無駄を削ぎ落とせば旨味が際立つかと思います。 参加ありがとうございました。
レビュー投稿 K.フラット
魔法使いの弟子、リオンは師匠に恋していた。 とあることがきっかけで師匠に告白したら、師匠は大激怒! リオンを家から叩き出してしまいました。 師匠は色恋の相手にするために弟子にしたのではないと怒るけれど──。 リオンは怒られても叩き出されてもめげません。だって師匠のことが大好きでたまらないから。 男気あふれる美人師匠と真っ直ぐな弟子。二人のやり取りがとにかく可愛らしい。ぜひ多くの方に手にとっていただきたい一作です。
藤乃澄乃様主催の「バレンタイン恋彩企画」参加作品です。 6108字の現実世界恋愛。推理要素も多く入っています。但し、可愛らしいです。 主人公は5人しかいない高校文芸部の部長。2年生。男性。今日も優雅に部室でコーヒーを飲みながら読書にいそしんでいます。 そこへ駆け込んできたのは唯一の1年生。女性部員。後輩ちゃんですね。 彼女の話によると冷蔵庫に入っていた部員用のチョコレートプリンが食べられたとのこと。 犯人は誰だ? 主人公と後輩ちゃんの推理合戦が始まりますが…… その辺の駆け引きは実際に読んでお楽しみください。 「事件」の文字がタイトルに入っている作品ですが、とても可愛らしくほっこりします。恋愛模様を楽しんで下さい。
レビュー投稿 水渕成分
突然現れた血まみれの男。 大魔王を自称する男は二人の正座する女性を目の前に、出されたお茶を一気飲み。 やけに偉そうな口調で二人に話しかける。 見知らぬ男を容易く部屋に入れるとはどうなのかだの。目上に対してお前はやめろだの。 二人にあれこれと小言を言う大魔王様。 一体彼の正体とは……本当に大魔王なのか?! シュールギャグと思いきや、一転しんみりとしたヒューマンドラマに。 短いのでさっくり読めます。
レビュー投稿 たらこくちびる毛
レビュー作品 大魔王は知りたがる
人間の不思議さ、恋愛感情の不思議さ、そういうものをぎゅっとひとまとめにしている作品です。 個人的には、 『恋愛は自己暗示。』 『目が覚めたら終わってしまう夢のような話。そして、夢が終われば現実がくる。』 『好きと嫌いは表裏一体。』 という部分が好きでした。 読む人の数だけ魅力が見つかるのだと思います。 ぜひ読んでみてください。
レビュー投稿 四季
レビュー作品 ひと
∀・)こんばんわ。レビュアー10賢者になりたくてもなれないのが自分の運命だと悟っております。これも仏の境地なりか。いでっちで~す★★★彡 ∀・)本作は「レビューを書きたくてもなかなか書けないよぉ~」ってなっている人たちの心の声を代弁したエッセイになります。もはや作家というかレビュアーとして存在感が定着した僕でも「あ~うんうん!わかる!わかるはその気持ち!」って感じちゃうようなレビュアーあるあるをこのエッセイではとりあげています。駆け出しのレビュアーさんだけでなくて、熟練したレビュアーさんにも勧めたいレビュアーとしての心得。これは知らなきゃ損だ。 ∀・)あと余談だけど最後まで読むと作者さんが結構おもしろい人だということにも気づく。なかなか楽しく学ぶことができる教材です。掌編エッセイでもありますから、まずはお気軽に読んでみてはどうでしょう???
レビュー投稿 いでっち51号
もっと見る